にんじんとるねーど

富山が産んだチルユニット『石垣クリエイターズ』でみんなチルしよう

YouTubeShortsの収益

 

同情するなら金をくれ

どうもチェリー東大のあきぴでです。

私は東大Shorts芸人として数多くのミリオン動画を排出してる訳なんですけれども、

ミリオンそんなに出してるんだったらめちゃ稼いでんじゃないの?え?でもShortsって広告出ないから収益自体はないんじゃないの?

いろんな疑問・憶測が飛び交ってると思うんですけど、あんまりShortsに関して説明してるYotuberいないですよね。なのでね、今日はそれに全てお答えしていこうと思います。

 

動画の構成として

Youtube Shortsの収益の仕組み

Shorts芸人の収入源

YouTube始めてから今日までの実際支払い金額

について話していこうと思います。

 

まずShortsの収益の仕組みについて

Shortsの収益は主に二つあります。

1。広告収入

2。ショートファンド

まず一つ目はみなさんご存知の広告収入ですね。え?ショートって広告出ないんじゃないの?って思うかたもいらっしゃるかもしれませんが、それはあくまでショートフィードで再生された場合の話です。

ショートフィードっていうのはこの画面ですね。チャンネル登録欄から再生してもこの画面になります。

じゃあどういう広告収入入るのかっていうと例えば自分のチャンネルのホームに出てくる動画(ブラウジング)とか、関連動画として出てきてそこからみた場合、普通の動画と同じように広告の後に動画が再生される画面になります。

つまりShortsが直接収益になるには動画がブラウジング、つまりホームでおすすめされる必要があるんですね。

 

2.もう一つはショートファンドです。これグーグルから引用した文章読むんですけど、

 

 

 

なんで要するにショート頑張ってる人が広告に関係なくもらえるボーナスみたいな感じですね。これ実際何を基準に金額が算定されるかよくわからないんですけど、まあ結局再生回数とかじゃないですかね大体。よくわかんないですけど。

なんでショートの動画を作ればショーどファンドに貢献してくれるし

、広告収入にも貢献してくれるって感じです。

 

でShorts芸人の収入源なんですけど

まあ基本的にはこの2つですかね。あとはたまに案件いただくんで狂ったようにやるだけです。

 

で、早速収益の方発表して行きたいんですけど、ちなみにYoutubeって収益は実際に支払われたものだったら、正確に記すという条件付きで言っていいらしいです。

 でプラス広告収入は

 

こんな感じで支払われるのが翌月なんですけど、

 

ショートファンドは

 

 

こんな感じです。でこれどういうことかっていうと例えば8月のショート動画のパフォーマンスによって得られるショートファンドのお金は10月ないしは11月に支払われるってことです。なんでそのライムラグがある前提で収益をみてみてください。

 

一番初めにもらった月

2021  9月66257

これ所感初収益にしては結構もらってんなって思った人いると思うんですけど、2ヶ月前の7月が東大にガチでいたシリーズ全盛期で、そのおかげで結構もらってるって感じですかね。

こっから氷河期に入ります。

10月24539

11月23423

12月22578

1月23541

10-1月の支払いなんでまあ8月〜11月を振り返ると今時はマジで迷走期でしたね、僕のオモロいと思った動画がことごとく伸び悩んで僕のセンスって受け入れられないんだなって痛感した時が結構しんどかったです。

ただここから視聴者に迎合するような動画を上げ始めて少しずつ盛り返します。

2月43262

3月67578

4月72574

こっからは安定して月1,2本はミリオン動画出せるようになったって感じですね

 

これ実際に全部足してみると343752、

これ見て高いは低いかは人それぞれだと思うんですけど、

Youtubeのために40万のマックブック買ったり、アイフォん買ったり12万

撮影の周へん備品も買いましたし、受験料も納めましたし、

まあYoutubeコスパ悪いんでね、これから始めようかなとか思ってる人はね、変なこと考えずに堅実に働いてください。