にんじんとるねーど

富山が産んだチルユニット『石垣クリエイターズ』でみんなチルしよう

夢か、安定か。

みなさんは泥水の味を知っていますか?

 

僕は富山中部高校はいって東大はいって劇団入って今ニートしてるんですけど

世の中にやりたいことをやっていくべきなのか?それとも安定を選んで堅実に働いていくべきか見たいな議論が1億年と5千光年前からあると思うんですけど、

僕の視聴者層って学生が大半だと思うんですけど、

でそんなきのこの山たけのこの里かくらいなんの生産性もないこの議論に今日は終止符を打っていこうと思います。

で僕はエリート街道進んでたと思ってたら気づいたら下水道通って泥水啜って生きてきた人間なんで、やりたいことをやってきた人の気持ちは痛いほど良くわかると。

だから今日はやりたいことをやってきて失ったもの3つ得たもの3つを紹介してきたいと思います。

まあ安定を選んできた人の意見も聞きたいところなんですけど、まあ道で石投げて当たった人って大体そういう人たちだと思うんで、まあその意見を聞きたかったら石でも投げて聞いてください。

ということでやりたいことをやって失ったもの1つ目、お金

でこれ当たり前のこと言ってるって思うかもしれないんですけど、結局根本的な問題ってもうこれしかなくて。だから僕も今こんな鉄骨むき出しで、配管剥き出しの潜水艦みたいないえ住んでるんですけど。まあやりたいことやってたら潜水艦にしか住めませんと。

で問題はここじゃなくて。この先なんですよね。どういうことかっていうと、やりたいことをやってたらやりたいことをやる金もなくなってくるんですよ。

いやいややりたいことやってる時間以外にバイトすれば良いじゃんて思うかもしれないんですけど、これには落とし穴があって、やりたいことを含む仕事って大体日本のマーケットの営業時間にやってるんですよね。つまり、やりたいことをやってたら大体の仕事はできなくなるんですよ。僕も一応東大出てるんで、劇団やってる時に塾講師やろうと思えばやれたんですけど、でも稽古終わる時間帯には予備校市場ってもう開いてないんですよね。で結局何をするかっていうと夜勤とか早朝とかの仕事になるわけですよ。僕も劇団にいた時はウーバーイーツとかいう高所得者の下僕となって夜の街を徘徊する仕事くらいしかできないんですよ。でかつこういう仕事って基本的にキャリアないんですよ。誰がやっても大体の成果物が同じなんで。だからやればやるほどお金はもらえるかもしれないけどキャリアアップの機会を実は損しちゃってるんですよね。やればやるほど実は損だったりするんですよ。でこういうのって体力仕事なんで、最終的にはやりたいことをやるためのお金すら稼げなくなっちゃうんですよね。なんでまず失うものはお金ですよというわけです。

 

やりたいことをやって失うもの2つ目、社会的な何か

これどういうことかっていうと、まあこんな感じでお金は稼げませんと。でなんでお金が稼げないのかっていうのはシンプルに価値がないからなんですよ。人は価値のあるものにお金を払うし、価値のあるところにお金が集まるんですよ、それすなわちメイクマネーをするということは社会に対し何らかの価値を与え貢献するってことなんですよ。この社会的な貢献感がやりたいことやってるとないんですよね。

僕の大学の同期とかは商社とか金融とか官庁とかでバリバリ働いて稼いでいるわけですよ、でも僕はやりたいことやって大して稼げず所得税も大して収めず、って感じで社会的な疎外感を強く感じるんですよね。

でこれいやいやバイトでもお金もらえてるなら働いてるやろ、それは貢献してるやろってなると思うんですけど、ここがちょっとむずいところで、確かに貢献はしてるんですけど、社会に対しての俺貢献してるぜって地位を感じにくいんですよ、どういうことかっていうとさっきも言ったようにやりたいことやる人のできる仕事って夜勤とか早朝に限られるんで、まあウーバーとかコンビニ夜勤とか居酒屋の夜勤とか大体こういうのに集約されるんですけど、僕これらの仕事全部やったことあるからわかるんですけど、もう人として扱われないんですよ。ゴミクズポンチン丸見たいな扱い受けるんですよ。そういうことから確かにお金は稼いでるけど稼ぐだけになっちゃうんですよ。かつ学生ならまだしも、まあ大学でたらそら働くでしょ、見たいなだから尚更社会的な貢献感は得られないです。なんで社会的な何かは失いますよと。いうわけです。

 

3つ目、民度

これどういうことかっていうと、単純に民度低いです。僕富山中部高校っていう県内トップの高校入って東大入ったんで最近まで気が付かなかったんですけど、やっぱ偏差値高いところって民度高いんですよ。劇団入った時に感じたのはあれ、ここって中学校?。10年前に見たことあるぞ、みたいな。僕中学は地元の公立の中学だったんですけど。やっぱり偏差値が雑多の集団って民度低いんですよね。で民度って具体的にどういうことかっていうと「人の嫌がることをしない」ですね。

これ当たり前なんですけど民度低い集団って結構してるんですよね。かといって学歴高い人は人の嫌がることしないかって言ったらそういうことはなくてでもちょっと毛色が違くて、というのも高学歴の人って人の嫌がることをあえてする、けどそのラインは弁えてるってことなんですよ。これどういうことかっていうと単純に相手のこと考えてるか考えてないか見たいな話ですね。つまり虐めてるか、いじってるか見たいな違いですと。

民度低い人はもう何も考えず思ったこと相手にズバズバいうんですよ。でもうこれは僕のちっちゃい人生のちっぽけなデータなんですけど大体高卒です。もちろん高卒が全員そうじゃないんですけど、該当者は高卒ってだけっすね。必要条件と十分じょうけんみたいな感じです。なんで東大にいた時には気づかなかったコンプが劇団入って生まれたんで、あいつらには感謝しても仕切れないですね。

 

で次からはやりたいことをやって得たものを

やりたいことをやって得たもの1つ目、優越感です。

これどういうことかっていうと、まあ普通は大学出たら働くけど俺はレールから外れちゃうよ、見たいな。俺が次世代の風吹かせちゃうよ、見たいな、make it possible with 俺、見たいな。

こんなイキリっすね。まあでもこれはあくまで学生の時限定で、卒業したら働かずに税金も納めない国の穀潰しの烙印を押されて優越感は散り散りになります。

 

2つ目、治験

でさっきも言ったようにいろんな奴がいるんで、自分の知らない世界があるんですよね。で別に会話ができないとかそういうことはないんですけど、こいつらこれ知らないのか、とか割と大学で常識だったことが通用しないんですよね。例を挙げるなら係結び知らないとか、レトリック知らないとか、ほんとこんな感じなんですけど、でこれ良い悪いの話をしているわけじゃなくてこういう世界もあるんだっていうきっかけにすごい役だったってことですね。こういう世界の中で、物事をわかりやすく伝えるにはいいかとかすごい考えますし、今までの自分の知識の前提を疑うようにはなりましたね。

まああとはいろんなキャリアの人がいたことにはビビり漏らしましたね。まあ演劇バリバリやってたやつもいましたし、族一歩手前のやつとか、少年院一歩手前のやつとか、やっぱそういう大学にはいないような奴らと会うのはめちゃくちゃ刺激的でした。

ということで得たもの2つ目は知見ですということです。

 

3つ目、思い出

これはもうほんとそうで、僕は確かに俺は演劇でバチバチしてくから、っつってイキリ倒して新卒カード台無しにしましたけど、後悔をしてるかっていうとマジでしてなくて。就活してたらどうなってたんだろうくらいの思いは馳せますけど、その程度ですね。

でたまに部活の引退とかで「いや、俺この部活に入ってほんとによかった」とか言って涙ちょちょぎれるくらいほざき散らかしてるやついると思うんですけど、いやいやそれは他を知らんからやろと。多分他の部活入っても同じこと言ってるぞって僕は思っちゃうんすよね。で僕もそうならないようになるべく自分の選択を客観的に見るようにはしてるんですけど、やっぱり上から見ても下から見ても神通川のほとりから見ても僕は演劇やっててよかったって思いますね。

で、確かに散々失ったものを言った割に前の2つの得たものが弱すぎるって話で、失ったものが100くらいだとすると、得たものの比重って1つ目から順に1:1:2000億くらいなんですね。そのくらい思い出が大事でしたよと。

で、なんで思い出大事なのかっていうと、みなさん考えてみてほしいんですけど、別に大学出て演劇の道選んでる人って僕だけじゃないんですよ。そういう人たちも新卒カード無駄にしたり、仕事やってたけどやめて入ってきた人もいるわけなんですよね。つまりどういうことかっていうと人生かけてるんですよ。もう学生の時にみたいに、部活に負けても勝っても人生の身分が保証されるような生ぬるい状況じゃないわけですよ。この先俳優なれるかなれないかみたいなところで、でほとんどの人がなれないていう覚悟を背負いながらいろんな思いやプライドかけて舞台作ってきてるんですよ。で、この前僕の劇団の同期のほとんどが進級のふるいにかけられて追放される「卒業公演」という名のサドンデスでしたよと。で、俳優になれるか慣れないかわからないとかの次元じゃなくて演劇をする環境さえ剥奪されるかもしれない環境で、全員が新卒カードかけて仕事かけて人生かけて命かけて作り上げる舞台が美しくないわけないじゃないですか。

正直演劇とかやりたいことやってたらもう思い出くらいしか手元に残らないわけですよ、それでもそれを差し引いても今でも鮮明に目の前で光り輝くくらい美しい結晶があるからこそ、後悔なんて1mmも1nmもないということです。

 

結論、バカとブスこそ演劇をしろ、

ご視聴ありがとうございました。

YouTubeShortsの収益

 

同情するなら金をくれ

どうもチェリー東大のあきぴでです。

私は東大Shorts芸人として数多くのミリオン動画を排出してる訳なんですけれども、

ミリオンそんなに出してるんだったらめちゃ稼いでんじゃないの?え?でもShortsって広告出ないから収益自体はないんじゃないの?

いろんな疑問・憶測が飛び交ってると思うんですけど、あんまりShortsに関して説明してるYotuberいないですよね。なのでね、今日はそれに全てお答えしていこうと思います。

 

動画の構成として

Youtube Shortsの収益の仕組み

Shorts芸人の収入源

YouTube始めてから今日までの実際支払い金額

について話していこうと思います。

 

まずShortsの収益の仕組みについて

Shortsの収益は主に二つあります。

1。広告収入

2。ショートファンド

まず一つ目はみなさんご存知の広告収入ですね。え?ショートって広告出ないんじゃないの?って思うかたもいらっしゃるかもしれませんが、それはあくまでショートフィードで再生された場合の話です。

ショートフィードっていうのはこの画面ですね。チャンネル登録欄から再生してもこの画面になります。

じゃあどういう広告収入入るのかっていうと例えば自分のチャンネルのホームに出てくる動画(ブラウジング)とか、関連動画として出てきてそこからみた場合、普通の動画と同じように広告の後に動画が再生される画面になります。

つまりShortsが直接収益になるには動画がブラウジング、つまりホームでおすすめされる必要があるんですね。

 

2.もう一つはショートファンドです。これグーグルから引用した文章読むんですけど、

 

 

 

なんで要するにショート頑張ってる人が広告に関係なくもらえるボーナスみたいな感じですね。これ実際何を基準に金額が算定されるかよくわからないんですけど、まあ結局再生回数とかじゃないですかね大体。よくわかんないですけど。

なんでショートの動画を作ればショーどファンドに貢献してくれるし

、広告収入にも貢献してくれるって感じです。

 

でShorts芸人の収入源なんですけど

まあ基本的にはこの2つですかね。あとはたまに案件いただくんで狂ったようにやるだけです。

 

で、早速収益の方発表して行きたいんですけど、ちなみにYoutubeって収益は実際に支払われたものだったら、正確に記すという条件付きで言っていいらしいです。

 でプラス広告収入は

 

こんな感じで支払われるのが翌月なんですけど、

 

ショートファンドは

 

 

こんな感じです。でこれどういうことかっていうと例えば8月のショート動画のパフォーマンスによって得られるショートファンドのお金は10月ないしは11月に支払われるってことです。なんでそのライムラグがある前提で収益をみてみてください。

 

一番初めにもらった月

2021  9月66257

これ所感初収益にしては結構もらってんなって思った人いると思うんですけど、2ヶ月前の7月が東大にガチでいたシリーズ全盛期で、そのおかげで結構もらってるって感じですかね。

こっから氷河期に入ります。

10月24539

11月23423

12月22578

1月23541

10-1月の支払いなんでまあ8月〜11月を振り返ると今時はマジで迷走期でしたね、僕のオモロいと思った動画がことごとく伸び悩んで僕のセンスって受け入れられないんだなって痛感した時が結構しんどかったです。

ただここから視聴者に迎合するような動画を上げ始めて少しずつ盛り返します。

2月43262

3月67578

4月72574

こっからは安定して月1,2本はミリオン動画出せるようになったって感じですね

 

これ実際に全部足してみると343752、

これ見て高いは低いかは人それぞれだと思うんですけど、

Youtubeのために40万のマックブック買ったり、アイフォん買ったり12万

撮影の周へん備品も買いましたし、受験料も納めましたし、

まあYoutubeコスパ悪いんでね、これから始めようかなとか思ってる人はね、変なこと考えずに堅実に働いてください。

演劇とは何か

こんにちはあきぴでです。

今回は僕が命をかけてきた演劇について話そうと思います。

 

演劇といえばみなさん何を思い浮かべますでしょうか。正直馴染みのない人の方が多いと思います。今まで演劇とか舞台を見たことがない人の方が少なくないと思います。せいぜい学芸会で何か出し物をしたとか、そのレベルの人がほとんどだと思います。

 

今回はそもそも演劇とはなんなのか。それについて話していこうと思います。

僕は演劇とは「人が幸せに生きていく上で不可欠な姿勢」の集合体だと思っております。

どう言うことか。

 

演劇にはセリフがあります。台本があります。完全に決まったシナリオで、完全に決まったセリフが与えられて話は進みます。ですから大抵の人は「演劇って決まった時に決まった感情で決まったセリフをいえば成立するんじゃないの?」と思うかもしれません。ですがそれは大きく違います。怒る時に怒った感情で怒ったセリフを言っても演劇は成立しません。それはモノマネだからです。演劇はモノマネではなくリアルなんです。

 

YouTubeの動画のあるあるネタとか何かのシーンを模した動画のほとんどは演劇とはきっとかけ離れたものでしょう。そのほとんどがモノマネです。何かをしてる風をしてるだけです。演劇ではありません。今回は別にモノマネがどうとか是非をつべこべいうつもりはありません。僕の動画も全部モノマネです。

 

僕がいつも動画のセリフをどういう風に言ってるのかというと、基本的には文章の意味の流れの中でこの言葉を立てようとか、セリフの最後は尻すぼみにならないように、とかそんなことばっかり考えてます。セリフっていうのはある程度、音の抑揚や速さとか声量とかでそれっぽく言えます。これがモノマネです。そこに感情なんてどこにもなく、全てテクニカルな技術だけでそれっぽくできます。

 

でも演劇はそうではないんです。全てその場で起こった本当の出来事、本当の感情、本当の言葉なんです。そこに嘘偽りはないんです。本当に起きるんです。本当に感情が出てくるんです。本当にセリフとしてでなく、自分の生の言葉として言葉が発せられるんです。

 

しかしその嘘をきちんとしたリアルとして自分の中で落とし込むために、リアルを立体として立ち上げるためにいろんなことをします。時代背景を調べるとか、役の職業を調べるとか。だから本当にその場で悲しむんです。本当はセリフなんてなくてこの人が今本当に悲しんでるんじゃないかと思うくらいまで。全てがリアルであり、全てが生なんです。

 

しかしそんなことどうやってやるんだ?と思う人もいるかもしれません。リアルって言っても台本やセリフだって決まってるし、何回も稽古して何回も練習してたらある程度の型ができて、結局決まった時に決まった感情で決まったセリフをいえば成立するんじゃないか?

 

答えはただ一つ「その一瞬一瞬に全力でぶつかって全力で応える」だけです。

 

セリフや現場の空気感はいろんな状況に左右されて変わります。その人の体調だとか、機嫌だとか、周囲のモチベーションだとか。その日その日で毎回微妙な気持ちや空気の差があるんです。その全てを今この瞬間受け入れて、それに全力で応えるんです。あ、こいつ今日元気だな、じゃあ俺もそいつのエネルギーもらってやってやるか、とか。あ、今日なんかみんな緊張してるな、おもしれえ、ゾクゾクするぜ、やってやるか、みたいな。今この瞬間を敏感に感じ取るんです。だからリアルなんです。そこで自分だけ決まりきったセリフをしたら途端に浮いてしまいます。決まりきった感情なんてないんです。筋書きは同じでもそこで繰り広げられるストーリーの濃淡は毎回違うんです。だからリアルなんです。この今この瞬間を紡いでいく作業こそが演劇なんです。

 

みなさんになんとなく演劇について理解してもらえたかなって勝手に思ってます。

そこでなんでそれが「人が幸せに生きる上で不可欠な姿勢」なのかについて説明していこうと思います。

これは本当に単純で、一年前くらいに僕ベストセラーの「嫌われる勇気」とか岡本太郎「自分の中に毒をもて」とか結構自己啓発の本を読んでいたんですけど、その時に全く同じことが書かれてたんですよね。幸せに生きることっていうのは「今を受け入れてその場その場の感触で生きていく」みたいなことが書かれてて、あ、これ演劇だ!って思ったんですよね。だからこれは理論づけとか特になくて、この本に同じことが書かれてたからそう思ったってだけの話です。

 

まあでもそうじゃなくてもこれを説明するのはそんなに難しい話じゃなくて。僕の動画に前あったんですけど「東大なのにこれもわからないの?俺は中央法学部だけどこのくらいわかるよ?」みたいなコメントがあって。これって過去に縛られてるんですよね。多分過去の学歴コンプが今拗らせてこんな形になってると思うんですけど、これって今の自分を受け入れてないんですよね。昔の何かを引きずったまま、今目の前で起きている出来事を純粋に楽しめてないというか。だからこの本の書かれてることもあながち間違いじゃないというか。結局今を一生懸命生きるかどうかなんですよね。

 

受験生に寄り添いたいとか言ってるのもそうなんですよね。受験生に大学が全てじゃないとか先のこと言っても仕方ないんですよね。受験生には今しかないから。今合格するかしないかを必死で生きてる受験生からしたらそんな文句は逃げでしかないんですよ。合格になろうがならまいが、目の前の受験生から逃げない。目の前で不安になってるならこっちも全力で支えたいし、目の前でめっちゃ喜んでるならこっちも全力で喜びたいし。僕の中の寄り添うっていうのは目の前のそいつを全力で受け入れて全力で応えるってことです。

 

まあそんな感じです。みんなにとって演劇が少しでも身近に感じてくれたら嬉しいなって思います。ご成長ありがとうございました。